様々な場で活躍できる資格|個人での勉強をサポートする通信講座|難関の行政書士を目指す

個人での勉強をサポートする通信講座|難関の行政書士を目指す

様々な場で活躍できる資格

ウーマン

医療機関や福祉関係、教育関係など、色々な場で活躍している国家資格はたくさんあります。その中で、言語聴覚士という国家資格があります。言語聴覚士は、失語症で言葉がうまく発せられない人や、子供やお年寄りなどで言葉の発音に障害がある人を支援する人のことを言います。口の使い方や下の動きの練習だけでなく、精神面などからもリハビリを行い、コミュニケーションの力をつけるために指導するための国家資格です。言語聴覚士は、国家資格として認められてからはまだ20年も経っていない新しい資格の1つです。そのため、就職のための求人はまだあまり多くなく、よく知られていないのが現状です。しかし、この資格を持つ人を求めている人は多く、需要が今後高まる資格になっています。

言語聴覚士の資格を取得したい場合は、大学や専門学校へ通い、決められた科目を履修する必要があります。学校では普通の大学や短期大学、専門学校の中で3年以上勉強をした後に受験するのが一般的です。言語聴覚士のための養成所や学校で、知識を習得することによって、国家試験を受ける資格が得られます。学校では、専門的な知識を身につけるだけでなく、実際にどういう仕事をしているか見学する授業がある学校もあります。また、実習を通して相手との対応の仕方を学ぶことができます。言語聴覚士の求人はまだ少ない傾向にありますが、非常勤職員としての採用も多く出てきています。言語聴覚士として仕事をしていくならば、募集機関の採用試験に合格するために、在学中に様々な経験を積んでおくことが大切です。