個人での勉強をサポートする通信講座|難関の行政書士を目指す

様々な場で活躍できる資格

ウーマン

言語聴覚士は医療機関や福祉、学校などで活躍する重要な国家資格の1つとなっています。資格取得には、大学や専門学校などで勉強する必要があります。採用試験で合格するためには、在学中に実習などの様々な経験を積んでおくことが大切です。

View Detail

保育施設で働くために

女性

保育士試験は、筆記試験と実技試験とが年に2回おこなわれています。学歴や実務経験などから受験資格を有している人が受けて合格すれば、保育士資格を取得できます。ただし難易度は高めなので、保育士養成課程のある大学や短期大学への入学を選択する人も多くいます。この場合、卒業することで自動的に資格取得となります。

View Detail

資格を得るため

PCを操作する人

試験対策が必要

通信講座での教育では資格取得が最終段階ですが、試験合格を目指すための知識を習得するのが主な役割です。街の法律家や代理権を獲得する行政書士の資格も、通信講座で最新の試験傾向に独自の分析等が盛り込まれた教材で憲法・民法・行政法を学びます。資格として試験合格が重要で、法律を初めて学習する受講者の場合、合格に必要な知識や実戦力も養成する必要性も挙げられます。行政書士として扱える書類も数千種類もあり、業務範囲も広い国家資格の1つです。ですので、通信講座では合格率も見極め、確かな実績から選択することもポイントです。誰もが受けられる試験でもあるため、間口が広い分、本番の試験に強くなることも大切で、総合模擬試験を含めた学習で資格取得を目指す必要があります。

テキストでの学び方

法律の勉強が初めてでも、通信講座でのテキストによって行政書士の資格取得へ向けた試験対策が期待できます。例えば、行政書士の有資格者の場合、契約書等代理作成作業が担えるようになり、モノやお金の貸し借り・売り買い等に関連する仕事に携わることが可能です。そのためにも、民法・商法・憲法・行政法の基礎知識を理解する必要があります。通信講座での教育の方向性は、あくまで受講生のペースでの習得です。スクールでの主要科目も初学者には掴みにくい法律知識ですが、マンガやイラスト入りのテキストであればイメージしやすく、効率的に学ぶことに繋がります。行政書士の有資格によって、官公庁に提出する各種書類を作成する仕事のみならず、地域や企業のコンサルティングも行えます。通信講座での学びにより、持てる法律の知識をフルに活用できます。

自分を磨いて飛び立とう

メンズ

ビジネス系の資格にも様々なものがありますが、中で人気があるのが独立開業を目指せるタイプのものです。企業内・外どちらでも力を発揮することができ、不安定な時代に合っています。また、資格を取得する時には難易度や種類に注意しましょう。難しすぎるものよりも少しずつレベルアップしていくようにしましょう。

View Detail